Uncategorized

孕み神と憑かれた姪【2話ネタバレ】ちんぽ入れずに潮吹きまで?!

「孕み神と憑かれた姪」の2話をネタバレ中!

 

1話目で、突然姪にチンポを咥えられて射精をしてしまった叔父><

大人しかった姪が、なんでこんな乱れた姿になってしまったのか・・・

 

ネタバレ有で「孕み神と憑かれた姪」2話をガンガン公開しちゃいます❤

 

「孕み神と憑かれた姪」2話ネタバレ→【あらすじ編】

叔父さんの精液をごくりと飲み干した後、冷静になったゆいは突然恥ずかしくなってしまう。

その場を立ち去ろうとするのを叔父は引き留め理由を尋ねると、ぽつりぽつりと語り出した・・・

 

学校の帰り道。

獣道の奥に小さな神社があり、ゆいはそこで猫を戯れるのを楽しんでいた。

 

その日もいつものように立ち寄って、猫と遊ぶゆい。

ふと境内を見ると、扉が開いている。

 

気になって近づいた途端、【何か】が身体の中に入ってきた・・・

 

怖くなってすぐ立ち去ったゆいだったが、異変はその日の夜から現れる。

 

夜寝ていると、【何か】が身体を這いまわるのだ。。。

それはお腹の中から出たり挿入ったり・・・

いたるところを刺激しまくり、起きたらびしょびしょになっているのだという。

 

ゆいがそうなってしまった理由を調べ始めるも、一向に手掛かりは掴めずにいた。

 

その間も【何か】によるゆいへの刺激は日に日に強くなっていく・・・

何もしないでも絶頂に達してしまうようになり、ついにゆいは学校にも行けなくなってしまった。

 

そんな様子を見かねて、熱く火照った身体を鎮めてやる叔父。

叔父と姪、という関係から最初は背徳感を持っていたものの、いつしかそれも無くなっていた。

 

「乳首どんどん敏感になっていくね」

「少し弄ればすぐに発情して ゆい いやらしい」

 

その言葉に反応し、どんどん乱れるゆい。

 

ある日、叔父は集落の高齢者の家を訪れる。

そこで分かった、ゆいの身体を這いまわる【何か】の理由。

それが【孕み神】だった。

 

宿主の子宮に棲みつき、身体の内側から性感帯を開発する。

性を求め、孕むまで宿主を発情させ続けるという・・・

 

子宝の神様なのだった。

 

 

その話を聞いたゆいは、叔父に懇願する。

 

「叔父さんが私を受け入れてくれるなら」

「孕ませてください・・・」

 

「孕み神と憑かれた姪」2話ネタバレ→【感想編】

ゆいちゃんの身体に棲みついた【孕み神】

なんか、日本神話でありそう!と思わずちょっと納得してしまいましたw

 

「孕み神と憑かれた姪」2話での見どころは、様々な愛撫のテクニックです~❤

叔父さん、姪を相手に相当本気だして愛撫してますよ><

 

手マン、クリ舐め、乳首攻め、言葉攻め・・・

パイズリもさせちゃうし、どんどんやることエスカレートしてる!!!w

 

クンニしながら手マンして、潮吹きまでさせてしまうし・・・

孕み神のせいとはいえ、この1ヶ月でゆいちゃん開発され過ぎです><

 

 

そういえば、叔父さんって歴史の高校教師・・・という設定でしたよね?

ゆいちゃんもおそらく高校生・・・ということは?!

 

<叔父×姪>という設定の裏側で、<教師×生徒>という設定までも網羅してしまっているのでは!?

 

禁断に次ぐ禁断・・・超熱いw

 

昼は高校で授業して、夜はJKと一つ屋根の下エッチしまくってるなんて❤

 

叔父さんという設定ではあるけれど、ビジュアル的にも年齢は若いと思うんですよね!

しかもカッコいいし、きっと学校では相当人気があるはず❤

そんな先生が、家で身内とエッチ三昧だなんて・・・///

 

そんな裏側も想像してニヤニヤしてしまうのでしたw

 

「孕み神と憑かれた姪」2話ネタバレまとめ

2話までご覧になった皆さん、お気づきでした?

実は「孕み神と憑かれた姪」1話&2話では、挿入シーンが出てきてないんです!!!!

 

今まで挿入せずに、ギリギリのところで保ってきた理性・・・

それは叔父と姪、という近親関係だったから。

 

それがついに・・・打ち砕かれるのが3話!

 

入れずに乱れまくってるゆいちゃんがどうなるのか、楽しみですね♡

 

3話のネタバレはこちらからどうぞ>>